FC2ブログ

健康運動指導士つじのかずみのHappy Life

心と身体の健康作りをサポート・ヨガ・気功・呼吸法・リラクゼーション・トレーニング・楽しくセルフメンテナンス。

≫ EDIT

患者様むけ骨盤底筋トレーニング指導@山口あきこクリニック(大阪淀屋橋)

大阪のビジネス街 淀屋橋は大勢の人で溢れていました。



窓の外には土佐堀川と中之島
明るい陽射しが入って
まるでカフェのようですが、
こちらは


女性泌尿器科の女性医師 山口晶子先生のクリニックです。

大阪市で開業されている女性の女性泌尿器科医師はわずか。

泌尿器科のクリニックというと、女性にとっては少し行きづらいイメージがありますね。

私自身は、子どもが小さいときに連れていったこと、父の付き添いで行ったことがありますが、
男性が多くて、ちょっと一人では居づらいなとおもった記憶があります。


でも女性専門の泌尿器科というと安心してうかがうことができます。

山口あきこクリニックはビジネスの街に馴染んで存在しています。人目を気遣かう心配もないところ。

そして、診察してくださる先生が女性というのは、なによりも嬉しい。

もちろん、婦人科、内科も診ていただけるので、まさにかかりつけ医にしたい女性に優しい女性のためのクリニックだと思います。
今、女性の活躍は、女性の健康に支えられています。
若年層から、かかりつけ医をもつことは、とても大切なことです。

今も10代から老年期の女性まで、さまざまな方が受診に来られているそうですが、
骨盤底筋トレーニングを正しくお伝えしていくことの必要性があるとのことでした。



今回、こちらで
「骨盤底筋トレーニング」講習の機会をいただき、10月から11月、3回にわたって伺いました。



 学会でお会いしたおり、山口先生から、クリニックスタッフ向けに、骨盤底筋トレーニング講習をお願いしたいとお話をいただきました。


骨盤底筋トレーニングは、尿モレや、頻尿、軽度の骨盤臓器脱などの保存療法としてまず最初にすすめられる治療です。

しかし、骨盤底筋トレーニングは、全ての看護師さんが知っていておこなえるものではありません。

医療の現場ですから、言葉は悪いですが、いい加減な指導はおこなえません。


専門施設では、専門の理学療法士さんが介入して、指導しているところもあります。
マンツーマンでしっかりと体の使い方から詳しく指導もらうこともできます。
また電気磁気を使用した筋への刺激をおこなう機械をもちいたトレーニングを導入したいるところもあります。
しかし、
一般に多くの医療機関では、パンフレットなどをわたし、患者さん自身が自分でおこなうようになっていて、
なかなか正しい方法がわからないで困っているというのが実態です。


この分野に、積極的に取り組んでいるクリニックはまだまだ、少ないのが現状ですが、

お話しをうかがうと、山口先生は、「女性の健康」のために、しっかりとした理念をもって診療に臨まれ、

「骨盤底筋トレーニング指導」の導入の必要性を強く感じていらっしゃるのがわかりました。


その準備として、今回、先生はじめ、看護師さん、事務スタッフのみなさん揃って、

貴重なお昼休み時間を削っての講習会開催となりました。


「患者様指導用の骨盤底筋トレーニング」になります。


まずは指導するにあたり、ご自身が「骨盤底筋トレーニング」を知っていただくこと、

そして、患者様指導の基本となるトレーニングとポイント。

さらに行動療法も含め、患者様の生活への関わり、

ニーズにこたえるための実践方法の紹介と指導をおこないました。





院内のツールもお借りして

まずは基本的な知識の確認。

説明ポイント。



みなさん、とても熱心にご参加くださいました。

看護師さんはもちろんですが、

受付など事務の方も、患者様へのご案内に正しい知識をもっていらっしゃるのはとても大切なことだと思います。


来られた患者さんも、安心して相談することができますね。



アンケート結果から、

まず、骨盤底筋トレーニングという言葉は知っているけれど、
実際指導するのは難しいと感じている(ドクターも看護師さんも)

または指導法は知らなかった。また勘違いしていた。

今回、まず、自分自身で体験し、その効果が継続によって得られることを実感した。
(姿勢やスタイルアップを含め)

今後は指導時間や指導内容含めた患者さまむけプランニングを進めていく

などなど回答を得ました。



まずは、骨盤底筋トレーニングの実態を知っていただき

その中から、

クリニックに来られる患者様を対象とした骨盤底筋トレーニング指導の 

ベストを構築していくスタートとしていただけたようです。




骨盤底筋トレーニングは

基本は同じ(骨盤底筋の収縮と弛緩をおこなう筋肉のトレーニング)ですが、

筋の動きが視覚的に確認できないため、様々な方法が用いられています。



クリニックでは、患者様に合わせた指導が求められます。

・骨盤底筋トレーニングってどうやるの?

・わたしのやり方は正しい?

・できてるかできてないかわからない!

・そもそも骨盤底筋トレーニングってなに?

・こんなのネットでみたけど・・?どうなんだろ?

・これがいいって聞いたんですけど・・・



ここをきちんと押さえておくことが効果にも繋がりやすく、
また、
その他の筋トレや、ひめトレやピフィラティスの効果をより高めてくれます。



山口先生は
まずこの基本となり、もっとも大切な部分をきっちりと指導するという

患者さまにとっては、とても嬉しい取り組みをスタート
させてくださいました。



私の指導現場では受診をおススメしたい方もたくさんいるので、とてもうれしく思っています。
安心してご紹介できるクリニックがまた一つ増えました。


大きな組織でも、小さな組織でも
多職種が連携することで、よりスムーズに、効果的に物事が進むことが多いと考えています。

共通理解の大切さはどの社会でも同じです。

医療では、特に、専門性が高いため、連携が難しい部分がありますが、

今回、「骨盤底筋トレーニング」が繋いでくれたご縁で、
一人でも多くの女性がより快適な毎日を過ごすお役にたてたようで、ありがたいです。


HAPPY BODY & HAPPY SMILE ♪





小さな体にパワー溢れる 山口あきこ先生のますますのご活躍
心よりお祈りしています。

これからも、全力でサポートさせていただければと思います。
ありがとうございました。


山口あきこクリニック ウエブサイトは 
こちら です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
♡骨盤底筋トレーニングパーソナル指導

その他、美と健康のパーソナル・ペアの運動指導やカウンセリングもおこなっています。

(@大阪堺市、出張ご相談可)


♡心と体の健康づくり、各種講座の出張指導承っております!


♡運動指導者のお悩み解決、コンサルティングサービスも行います。

お気軽にお問合せください。

こちら
 


★(株)ホリスティックヘルス研究会HP

こちら

イベント、講座のご案内など、お仕事のHPです。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








| 骨盤底筋トレーニング | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

健康運動指導士資格更新しました。

健康運動指導士とは

ウィキペディアでは
健康運動指導士(けんこううんどうしどうし)は、スポーツクラブや保健所・保健センター、病院・介護施設などにおいて、人々の健康を維持・改善するために、安全かつ適切な運動プログラムを提案・指導する専門家をいう。 厚生労働省所管の財団法人健康・体力づくり事業財団が養成・資格の認定・登録事業を行っている。

詳しくは財団のページから
健康・体力づくり事業財団のHPはこちら




同じ資格をもっていても、活動の対象や場所は様々で、指導内容も異なります。
どのお仕事もそうですが、自分でどうしたいかをしっかり考えておく必要があります。

そして、5年に一度、資格更新が必要です。

健康に関する情報はどんどん変わります。アップデートして、自分の指導内容も日々の研鑽が求められます。

5年間に、更新認定単位取得のために研修会にでる必要があります。

余談ですが、実は今回の更新ではうっかり単位が足りない?と申請直前にかなり慌ててしまいましたが、問い合わせたところokだったので安堵。


無事更新申請ができたところで、振り返ってみて。
この5年は激動の5年でした。
今あることが、ほんとに感謝です。

小さな一歩の積み重ねの毎日ですが、
私なりに精一杯の選択とチャレンジをしてきたと思っています。

昨年は
財団の研究助成に採択していただき、
ライフワークの
骨盤底筋をテーマに研究ができました。
(研究報告は財団のこちらページから)

今年度からご縁をいただき、微力ながら大阪府健康運動指導士会の理事も務めさせていただいております。


でも、結果、成果はまだまだこれからです。改善すべき点は多々あるし、5年後にどうなっているか?

どうか5年後にも
良い報告ができるように
また新しい気持ちで頑張りたいと思います。

新しい登録証が届きました。






Happyな朝❤️






多くの方に支えられ、導いていただけたことに感謝。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
健康運動指導士 つじのかずみ の
Happy Lifeを気まぐれに気楽につづっています。

心と体の健康づくり、各種講座の出張指導承っております!
お気軽にお問い合わせください。
→こちら

パーソナルのカウンセリングや運動指導もおこなっています。(@大阪堺市、出張ご相談可)
運動指導者のお悩み解決、コンサルティングサービスも行います。
お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ(^^)



活動報告はこちらのブログをご覧ください→こちら

FBは→こちら
日々の活動や友達との交流など。
ご縁に感謝(^^)

instagram→こちら
美味しい♪は元気の素(^^)
食から健康へのアプローチ

(株)ホリスティックヘルス研究会→こちら
イベント、講座のご案内など、お仕事のHPです。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::











| 報告 | 12:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「骨盤底筋トレーニングのススメ」@たをやかサロン

2018.9.18
大阪泉北は泉ヶ丘駅からすぐの
マーガレットハウスさんで

「骨盤底筋トレーニングのススメ」講座
を「たをやかサロン」様主催で開催していただきました。



「たをやか体操サロン」という健康体操を主宰している先輩が、私の活動の大切さを理解してくださり、クラスの方々にも必要なことだと、今回のセミナーを企画してくださったのです。


関心の高い女性で会場は満杯。
泉北コニュニティ誌,にも取り上げていただいていたようです。


骨盤底筋のトレーニングは
全く四肢(手足)の動作もなく行えるものから、ダイナミックなものまで様々です。
当日はお席がいっぱいでしたので、自席での座位のトレーニングを中心におこないました。

みなさん、とても熱心に取り組んでくださって、力が入らなくていいところに、入ってしまいます!
いざ、指示されたとおりに動かすとなるとその難しさを実感されることが多いのです。

初めから上手にはできませんが、段階的に少しずつトレーニングをすすめていくことで、どなたにでもおこなっていただくことができます。

今回は研究の話も織り交ぜてくださいとリクエストいただいていたので、
できるだけわかりやすく、お伝えしてみました。
実践に役立てていただけるようなイメージを伝えながら。
研究のお話もすごく興味を持っていただけて、なるほど、と私も有り難い収穫でした。

最後におこなった骨盤底筋ダンスは
試してみるが目的なので、できなくても大丈夫なんですが、
みなさん体から
むずかしーむずかしー
って言ってるのが、聞こえました。

終わって笑いに包まれました。この笑いがないと、体も強張るので、しっかり合間に合間にリラックス入れることが大切。

たくさんのご質問をいただきました。

助産師さんや、看護師さん、ダンスのプロの方など、いろんな方が参加されていらっしゃって、それぞれにいいポイントが掴まれたようで、良かったです。

一般の方も、日常のあれこれ、筋トレとしての骨盤底筋トレーニングのお話も、納得いただけたようです。

実際に骨盤周辺があたたまったり、動き出すといったご感想もいただきました。


ぜひ、第2弾、3弾をと言っていただきました。ありがとうございます。

今回は導入部分です。これで終わったら、メインがないので、ぜひ次回開催に向けて、スケジュール等調整させていただきたいと思います。

骨盤底筋トレーニングが「いいよ!」とわかったら、次は自分に役立つトレーニングを習得して、体も心も変わっていきましょう!


Happy Body & Happy Smile ♪

幸せな貴女の身体のために♡

| 骨盤底筋トレーニング | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひめトレで骨盤底筋スイッチON!!

今年は大阪にも
自然災害の被害が大きかったですね。
台風のため延期になった
「ひめトレで骨盤底筋スイッチON」のご依頼講座が2018.9.18に無事開催されました。


場所は大阪港駅そばにオープンした「ゆずくっきんぐ」さん。
食から健康を提供するゆずクッキングさんのオープ二ングイベントに、セミナー後のランチも合わせての女性大満足講座です。



知っているようで知らない骨盤底筋の構造や役割をしっかり学んで、自分の体や生活にしっかりと合わせてトレーニングするコツをお伝えしました。


体への意識づけと落とし込みに
力を発揮してくれるのがひめトレポールです。

尿もれやだけではない様々なトラブル、
トラブルというほどではない気になること。
姿勢の悪さや、足腰の動きまで。

なんとなく気になるけど、まぁこれも年齢のせい?としてしまいがち。
毎日鏡でみるお顔には、随分と意識がむいて、シミシワ、たるみ、緩みがすごく気になるけど、骨盤底筋は野放しにしていませんか?

骨盤にスイッチ!は
そんな貴女へ体の底から元気のスイッチを押してくれます。

集まったメンバーは
健康への意識がとっても高い皆様!
でも、
・骨盤底筋はよくわかっていなかった。
・緩んでほったらかしだったかも。
・便秘で悩んでて、これにも効くんですね!
・この辺(骨盤周り)効きそう~
・地味にキツイ
・体が熱い~(あったまる)

そして終わってわたしのヒップをガン見笑されました。ついでにプラス触らせてと笑


骨盤底筋トレーニングをうまくその他のトレーニングに導入していくことで、骨盤底筋だけでなく、周辺の筋肉を効率よく、正しく鍛えていけます。


自分自身の振り返りから
いっぱんによくある筋トレはこの3年ほどほとんどやっていません。(以前は膝のリハビリ兼ねて定期的にきっちりやってました)
レッスンで見本を見せたりするものの、ほとんどできてなくて、気まぐれに(気晴らしに)する程度。
でも骨盤底筋はあーや、こーや(分かりにくくてすみません)、教材研究というか、確認というか毎日特別なことはしないけど、しています。
ほんの1~2分の細切れだったりしますが、、、
私のコアの強さは骨盤底筋からきていると思います。


今回、再受講の方からは、トレーニングを始めてから、これまであった尿もれがなくなり、これまで使っていたパットがいらなくなったの~(≧∀≦)
と嬉しいご報告もありました。

みなさん、元気ボディから美ボディへのスイッチもしっかり入ってニッコニコです!





レッスンのあとは、
クッキングスタジオならでは、
簡単クッキングで、私もいっしょににいただきました。



タコライス、鶏胸肉のパクチーサラダ、高野豆腐やヒジキなどもおしゃれにアレンジされて、食べやすく、美味しい~♡ デザートまで手作りでびっくりです。(≧∀≦)

タンパク質が大切というお話もしっかりでていました。
筋肉にはとても大切な栄養素です。
もちろんバランスよくビタミンミネラルや糖質も必要!




明るくきれいで、とってもステキなスタジオです。
色んなイベントともコラボして、食と合わせて充実した時間が過ごせそう!

Happy Smile♪が満開です!

Happy Body & Happy Smile ♪

| 骨盤底筋トレーニング | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【学会発表】日本体育学会2018@徳島大学

2018年8月24.25日
第69回 日本体育学会に参加してきました。会場は徳島大学常三島キャンパスです。

私は「介護福祉・健康づくり」という専門領域に所属し、今回は口頭発表をさせていただきました。
まだ新しい専門領域ですが、これから、そして今まさに、日本が必要としている研究所分野です。
中高齢者の運動機能や認知機能、トレーニングといったところが多くて発表されていました。
私は骨盤底筋の問題は、人生100年時代には、QOLの維持向上のために、切り離しては考えられない問題であると思っています。
演題は
「骨盤周辺筋群の協働収縮からみる有効な骨盤底筋トレーニング方法の検討」
です。
今回の研究では、被験者の群分けをおこない、骨盤底筋の収縮力の違いから、考察をおこないました。
あともう少し、被験者数を増やすことでおそらく結果が出るだろう!というところまでこぎつけたのですが、統計的にはなかなか厳しい経過をたどり、発表までは苦しい時間でした。(終わってみれば清々しい)
しかし、発表後いただいたご質問や、終了後のフロアでの情報交換では、研究の価値を認めていただき、とても参考になるご意見を多数いただくことができました。
小林寛道先生や田中喜代次先生をはじめ、この領域の重鎮ともいえる先生方からも直接ご指導いただける貴重な場です。
また、研究室メンバーによると
フロアのみなさんがとても熱心に聞いてくださっていたこと、課題説明など、実演に近い形で発表していると、合わせてご自身でもHA~HUーしてくださっていた方が多数いらっしゃたとのことで、非常にありがたかったです。
文字で読んでも、なかなか複雑な言葉や表現が多いのですが、それを、どれだけわかりやすく発表するかも、私の今回の課題だったので、この点は大きな進歩というか、収穫でした。
研究は、実践場面での活用をすることを目指し、今回は骨盤底筋の収縮にリズムをつけて検討しています。
追実験と検証で、次は、実践場面での楽しさをアップさせ、継続性が高まる!!!というところまで言えそうなので、引き続き地道に頑張りたいと思います。
いつもながら、ほんとに一歩ずつですが、、。
できれば一気にガーッとやりたいところです。笑
会場がかなり暗くて、写真はわかりにくいのですが、参考まで。


【抄録】
骨盤周辺筋群の協働収縮からみる有効な骨盤底筋トレーニング方法の検討
女性の骨盤底筋脆弱に伴う尿失禁等は、QOLを大きく低下させる。この予防や改善には骨盤底筋トレーニング(PFMT)が用いられるが、トレーニング時の成果は、内省に頼る部分が多い。そこで、近年報告されている骨盤底筋と骨盤周辺筋群との協働収縮を成果の手がかりとして用い、PFMTを促進する間接的トレーニング方法の開発は有効であると考える。
本研究では、健常中高年女性22名(50.6±2.5歳)を対象に、簡易な呼吸法を用いた腹部操作から、骨盤底筋と骨盤周辺筋の協働収縮を誘導するPFMT課題を、時間(1、3秒)とリズム反復(1、3回)の組み合わせで実施し、骨盤底筋と腹横筋、腹直筋の筋活動量を表面筋電図から求めた。
結果、骨盤周辺筋群を動員した最大随意収縮(MVC)に対する骨盤底筋単独の最大収縮(P-MVC)比が顕著に高い群では、低い群よりも骨盤底筋と腹横筋の筋活動量が有意に高く、協働関係がみられた。さらにこのMVCに対するP-MVC比の違いは、PFMT課題の難易度によって骨盤底筋と腹横筋、腹直筋の振る舞いが多様に変化したことから、簡単で有効なPFMT促進方略の検討を報告する。

学会が終わって、、
大塚国際美術館と鳴門の渦潮
思いっきり楽しんできました(≧∀≦)
こちらの報告は
アメブロのほうで(o^^o)
アメブロはこちら
楽しい写真がいっぱい撮れました♪
充実HAPPY❣️

| 研究活動 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT